韓国語初心者必見!「最初の本」を表で比較しながら決めましょう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事は

「ハングルを覚えるところから勉強を始めたい」

という方に読んでいただきたい記事になっています(*^^*)

韓国語の勉強を始めようと思い

どの本がいいのか調べてみると

「おすすめの単語の本」や

「おすすめの文法の本」など

沢山出てきて

結局、1番最初は何を買えばいいのか

分からなくなってしまいますよね

私も、物を買うとき

沢山のサイトを調べて

自分なりに比較して、まとめて...

結局、何日も決められない!!

ということがよくあります(>_<)

そこで、この記事では表を使って比較しながら

「ハングルを覚えるところから勉強を始めたい」

と考えている初心者の方

「この記事さえ読めば1番最初に買いたい本が見つかる!」

といった内容になっています。

ぜひ最後まで読んでみてください(^^)/

目次

韓国語初心者は1番最初にどの本を買えばいい?

韓国語を勉強する本には

単語帳・文法の本・網羅的に勉強できる参考書など

さまざまな種類があります。

その中でも

これから勉強を始める方は

単語帳や文法の本に取り組む前に

まず「ハングルを覚えるための本」

使って勉強することから始めましょう!

「ハングル」がどのようなものなのか

知って、覚えることで

今後のモチベーションアップにもつながります!

では、次は私がおすすめしたい本を3つ紹介していきます(^^)/

韓国語初心者におすすめの本3選

1時間でハングルが読めるようになる本

この本は、実際にある商品や看板を使った解説

サクッと読みながら

楽しく勉強することができます!

記号に見えていたハングルを

文字として認識できるようになる本です。

勉強を始めるのに不安を感じる方が

「そもそもハングルってどんな文字があるの?」

ということを知るのにおすすめの本です(^^)/

しかし、タイトルにもあるように

「読めるようになる」に特化しているので

もっと本格的に勉強したい方は

後に紹介する2つがおすすめです!

「あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート 入門編

この本は

ハングルを日本語のひらがなに置き換えて勉強することができます!

私は、声に出しながら何度も書いてハングルを

少しずつ覚えていったので

書き込むことができる本はおすすめです!

書き順が載っていたり沢山、書き込むことができたりと

小学校1年生の時にひらがなを勉強したドリルに近い印象です!(^^)!

個人的には、

「韓国語の順番で勉強した方が今後、辞書などで単語を調べる時

少し便利になるかもなー」と感じますが

順序を知らなくても調べることはできるので

そこまで心配いらないと思います(^^)/

目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)

こちらは、楽しく練習問題を解きながら

ハングルを覚えていきたい方におすすめです!

2021年の4月30日に改定版が発売されるようなので

こちらもチェックしてみてください!

改訂版の本に関して著者の八田さんのツイート

とても参考になるのでご紹介しておきます!

韓国語初心者は結局どの本を買えばいい?(表で比較)

ここまでそれぞれ

どのような特徴があるのお話ししてきました!

ですが、まだまだどの本にしようか迷いますよね...

そこで値段やページ数も比較できるように

ざっくりと違いを表にしてみました

 ①『1時間でハングルが読めるようになる本』②『あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート 入門編』③『目からウロコのハングル練習帳』
定価1000円+税580円+税1400円+税
ページ数129ページ96ページ168ページ
色合いオールカラーオレンジと黒の2色がメイン赤と黒の2色がメイン
特徴・たくさんの写真を使って解説されている
・読んで勉強する本
・日本語に置き換えて勉強ができる
・書いて勉強する本
・練習問題が多い
・書いて勉強する本
こんな方におすすめしたい!「ハングルってどんな感じなのか知ってから勉強を始めるか決めたい」と考えている方「本格的に勉強したい!けど初めてで少し不安だから最初は手頃な本で始めたいなー」という方「練習問題をたくさん解いてハングルを覚えてこれから文法もどんどん勉強する予定だ!!」という方

個人的には

韓国語の勉強を本格的にやるか迷い中な方は

①『1時間でハングルが読めるようになる本』

韓国語の勉強を本格的に始めたい方が

②『あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート 入門編』と

③『目からウロコのハングル練習帳』

の2つに分けられるかなと思います!(^^)!

ですが、どれもおすすめなので

沢山色があるほうが好きかシンプルが好きか

安い方がいいか少し高くてもページ数が多い方がいいか

などそれぞれの基準で選んでみてください(^^)/

韓国語初心者が本選びで大切にしてほしいこと

今回はこの記事を読むだけで

「初心者の方が初めて買う本を決められるようにしたい!」

と思いながら比較してみました。

ですが、「楽しい」=「継続できる」なので

自分が感じた「楽しそう!」「読みやすそう!」

という気持ちを大切にしてくださいね。

おすすめされても

「なんとなく文章の感じが好きになれないな」

と感じてしまったら

勉強のモチベーションが下がってしまいます。

紹介した本が

「楽しく勉強できそう!」と思っていただけたら

購入してみてください(^^)/

ちなみに、本屋さんに行って確認するのは少し面倒だなーと感じる方は

「あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート 入門編 目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)

がリンク先に

何ページか「商品画像」が出てくるので

こちらが色の使い方や口調が自分に合っているか

参考になると思います!(^^)!

ハングルを覚える時のポイント

ここで、本を購入した後に向けて1つポイントを

お話ししておきます。

それは、「ハングルを完璧に覚えようとしなくてOK

ということです。

なぜなら、単語や文法を勉強していくうちに

徐々にハングルも覚えていきます。

「まだ完璧じゃないけど、大体ハングル覚えられた!」

と感じたら

次のステップに進みましょう(^^)/

まとめ

今回は、超初心者の方に特におすすめな本をご紹介しました。

ハングルを覚えるのは初めの一

なかなか踏み出せなかったり続けていけるか心配だったりと

不安が沢山あると思います。

そんな方が

「とりあえずこれから始めてみようかな」

思える本を見つけていただけたら嬉しいです(^^)/

もし、紹介した本の中に

「楽しそう!!」と思える本があれば

ぜひチェックしてみてくださいね(*^^*)

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる