韓国語「~の(의)」3つの発音と省略しない5つのパターンを初心者向けに解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「~の」は韓国語で「의」と書きます!

この文字の読み方は3パターンあり、

「~の」の意味で使われる場合は

省略されていることがほとんどです。

そのため、たまに出てくると

「あれ、なんて読むんだっけ??」
となってしまいがちです(>_<)

そこで今回は

「의」の読み方の解説

省略できない5パターンをお話ししていきます!

ぜひ最後まで読んでみてください(^^)/

目次

韓国語「~の(의)」

「~の」=「의」

パッチムの有無が関係ないので覚えやすいですね!

助詞「~の(의)」のポイントは

①読み方②省略

の2つがあるので

こちらを詳しく解説していきます!

韓国語「~の(의)」の読み方

助詞「의(~の)」の読み方は「エ」

この「의」の読み方は全部で3つあります(^^)

  1. 単語が「의」で始まる時のみ「ウィ」と発音する。
  2. 語頭以外に「의」がある時は、「イ」と発音する。
  3. 「~の」の意味で「의」を使う時は、「エ」と発音する。

助詞「~の」の意味で使う時は「エ」!

間違えないようにしよう!

下の記事で具体的な例をあげているので

こちらもチェックしてみてください!

韓国語「~の(의)」は省略OK!

韓国語の場合「~の(의)」は省略されることがほとんどです。

例えば...

お母さんの友達

→「어머니 친구(オモニ チグ)」

家の外

→「집 밖(チㇷ゚ パㇰ)」

基本的に省略されるものと考えてOKなので

逆にどのようなときに省略されないのか

を勉強していきましょう!

韓国語「~の(의)」省略されないとき

比喩で使うとき

何かを例える場合は省略しません(^^)

例えば...

小鳥の歌声

→「작은새 노랫소리(チャグセエ ノレッソリ)」

空の涙

→「하늘 눈물(ハヌレ ヌムㇽ)」

日常生活で比喩を使うことはほとんどないと思うので

普段は気にしなくて大丈夫そうですね!

強調・明記するとき

省略できても

「何かを強調したいとき」や「はっきり書きたいとき」は

「의」を付けます。

例えば...

それは友達の本です!

→그것은 친구 책이에요.(クゴス チグエ チェギエヨ)

名詞+連体形+名詞のとき

連体形とは名詞を詳しく説明している言葉のことです(^^)

例えば...

娘の大きな目

→딸 큰 눈(ッタレ ク ヌ

日本の温かい料理

→일본 따뜻한 요리(イルボネ ッタットゥッタ ヨリ)

後ろが名詞句のとき

名詞句とは「偉大さ」・「美しさ」・「喜び」・「つらさ」

のように名詞と同じ役割になった言葉のことを言います(^^)

例えば...

お母さんの偉大さ

→어머니 위대함(オモニエ ウィデハㇺ)

心の美しさ

→마음 아름다움(マウメ アルㇺダウㇺ)

「의」の後に名詞が2つ以上続くとき

例えば...

弟の女友達

→동생 여자 친구(ドエ ヨジャ チグ)

まとめ

  1. 「~の」は韓国語で「의」
  2. 「~の」の意味で使う時は「エ」と読む
  3. ほとんどの場合、「의」は省略する
  4. 省略しないときは、以下の場合
  • 比喩
  • 強調・明記
  • 名詞+連体形+名詞
  • 後ろが名詞句
  • 「의」の後に名詞が2つ以上続く

助詞の「~の」は省略されていることがほとんどなので

出てくる回数は少ないと思います!

ですが、たまに出てくるからこそ

覚えておきたい助詞でもあります(*^^*)

ぜひこの記事を参考に

発音と省略しない場合をマスターしてみてください!

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる