韓国語「~に」「人・動物+에게/한테」「目上の人+께」例文で解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は「人や動物」「目上の人」に対して

「~に」を使う場合のお話しをします(^^)/

特に目上の人に「~に」を使う時は

日本と考え方が少し違っているので

ぜひ最後まで読んでみてください(^^)/

「時間や場所」の場合については

こちらの記事でお話ししているので

是非チェックしてみてください(*^^*)

目次

韓国語「~に」(人・動物)

人・動物+「에게(発音:エゲ)」

人・動物+「한테(発音:ハテ)」

人・動物に対して使う「~に」は

「에게(エゲ)」と「한테(ハテ)」の2つがあります。

この2つは同じ意味ですが

どのような場面で使うかで使い分けます(^^)/

에게→「文章でよく使う表現」

한테→「会話でよく使う表現」

韓国語「~に」(人・動物)の例文

それぞれの例文を見ていきましょう!

「에게」を使った例文

友達にプレゼントをあげます。

친구에게 선물을 줍니다.

(チグエゲ ソムルㇽ チュㇺニダ)

妹に電話します。

→여동생에게 전화해요.

(ヨドエゲ チョヌァへヨ)

「한테」を使った例文

犬にご飯をあげます。

→개한테 밥을 줘요.

(ケハテ パブㇽ チュォヨ)

友達に手紙を書くよ。

→친구한테 편지를 써.

(チグハテ ピョジルㇽ ッソ)

「한테」は会話でよく使うので

「へヨ体」と「パンマル(ため口)」で文を作ってみました(^^)/

韓国語「~に」(目上の人)

目上の人+「께(発音:ッケ)」

「께(ッケ)」は「에게」の尊敬語

目上の人に対して使います。

韓国語「~に」(目上の人)の例文

両親に連絡を差し上げます。

→부모님 연락을 드립니다.

(プモニㇺッケ ヨㇽラグル トゥリㇺニダ)

祖父に写真を差し上げます。

→할아버지 사진을 드립니다.

(ハラボジッケ サジヌㇽ トゥリㇺニダ)

日本語だと身内に尊敬語を使うことはないけど

韓国語では身内にも使うよ!

まとめ

1.人や物に対して「~に」を使う場合は「에게」と「한테」

  • 文章で使うのが「에게」
  • 会話で使うのが「한테」

2.目上の人に対して「~に」を使う場合は「께」

  • 「에게」の尊敬語が「께」
  • 身内の人にも使う

韓国語の「~に」は

パッチムの区別がないので分かりやすいのですが

場面によって使い分けるので

同じ意味の単語が沢山あります(*^^*)

何が違うのか理解しながら少しずつ覚えていきたいですね!

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる