【超基礎】韓国語の勉強は「ハングルの構造を知る!」からはじめるのがおすすめ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

韓国語を勉強したいけど難しそうでなかなかはじめられない!という方はいませんか?

たしかにハングルは、はじめて見ると記号のようで難しそうですよね...ですがハングルは意外とシンプルなんです!!

ハングルの構造や文法の作りを知ると韓国語がシンプルで日本人には理解しやすいことがわかります。

超初心者だったわたしもハングルの構造を理解するところからはじめ、ハングル検定4級を取ることができました。

今回は

  • 「ハングルの構造」
  • 「韓国語の文章構造」

について詳しくお話ししていきます。

これを読めば

「意外と韓国語よめるようになるかも!」

と感じることができるのでこれから韓国語を勉強したい方のモチベーションUPにつながるはずです!ぜひ最後まで読んでみてください(^^)/

目次

韓国語の勉強はハングルの構造を知るところから

まずはハングルの構造を理解していきましょう!

ハングルの構造は

  • 子音+母音 
  • 子音+母音+子音

この2つのパターンで必ず子音と母音の組み合わせでできています。

このように子音と母音の組み合わせで文字ができているのはローマ字も同じですよね。

例えば、「ま」のローマ字

「ま」のローマ字
  • 子音は「M」
  • 母音は「A」
  • 組み合わせて「MA」

これと同じで、韓国語も子音と母音から成り立ちます。

つぎはハングルで具体的に見てみましょう!

ハングルはローマ字と同じ?

さきほどローマ字の例で出した「ま」をハングルでも作ってみましょう!

「ま」のハングル
  • 子音の「M」はハングルで「ㅁ」
  • 母音の「A」はハングルで「ㅏ」
  • 組み合わせて「마」(=MA)

韓国語で「M」の音を表すのは「ㅁ」、「A」の音を表すのは「ㅏ」になります。この2つをくっつけると「MA」と読むハングル「마」ができます。

子音と母音をおぼえてそれぞれ組み合わせていけばればいいんだ!

そうだよ!ローマ字を勉強したときも子音と母音をおぼえてつかえるようになったよね。それと同じだよ(^^)

ハングルは母音・子音をおぼえて組み合わせればOK!

ハングルの組み合わせ

ハングルは子音と母音を組み合わていくシンプルな構造だとわかりました。

そこで次はどのような組み合わせがあるのか見ていきます。

ハングルの場合はローマ字とちがって組み合わせ方が6個あります。

子音+母音の組み合わせ
  1. 子音が左、母音が右
  2. 子音が上、母音が下
  3. 子音が左上、母音がカッコのような形
子音+母音+子音の組み合わせ
  1. 画像の①の形の下に子音が付く
  2. 画像の②の形の下に子音が付く
  3. 画像の③の形の下に子音が付く

大きく分けると

  • 子音+母音
  • 子音+母音+子音

があり、組み合わせ方はそれぞれ3つずつあります。

ハングルの子音と母音の組み合わせは全部で6パターンある

ハンブルの文章構造

これまで韓国語の文字の作りを勉強しました、ここからは、文章の構造を見ていきましょう!

韓国語の文法は日本語にとても似ています!

たとえばこちらの文章

名詞助詞名詞丁寧
日本語会社員です
韓国語아버지회사원입니다

このように日本語を韓国語で表すと同じ並びになります

「父」と同じ意味の単語「아버지(読み:アボジ)」の次に助詞の「は」を表す「는(読み:ヌ)」がつづき、「会社員」を表す「회사원(読み:フェサウォ)」がつづいています。

また、韓国語は日本語と同じように敬語があり、「です」を表す「입니다(読み:イㇺニダ)」が最後にあります。

ハングルの構造はローマ字に似ていて文章の構造は日本語に似ているんだね!

韓国語の文章構造は日本語に似ている

まとめ

  • ハングルの仕組みはローマ字と似てる
  • ハングルの組み合わせは6種類ある
  • 韓国語の文章構造は日本語と似てる

はじめてハングルを見ると記号に見えてしまいますが仕組みや文章構造を知るとそこまで難しくないことがわかるのではないでしょうか。

この記事で韓国語を勉強するハードルが少しでも下がったらうれしいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる