韓国語の発音変化「激音化」!覚え方のコツと覚えやすい単語をご紹介します!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、韓国語の発音変化

激音化」についてお話しします。

こんな方に読んでほしい!!

・激音化ってどういうこと??

・実際にどう変化するのか知りたい!

・どうやってルールを覚えたらいいか分からない!

発音のルールを覚えるには、

変化する単語を何度も発音してみるのがおすすめです!

なので、この記事では

激音化する単語を紹介していきます!

ぜひ、激音化のルールを覚えるのに

役立ててみてください(^^)/

結論だけを知りたい方は、

目次の「激音化のルール」

詳しく知りたい方は、

「ルールその1の例」「ルールその2の例」

をタッチしてみてくださいねー(*^^*)

目次

激音とは??

まず最初に激音とは、

息を強く吐き出すように発音する音のこと

をいいます。

具体的には、

「ㅋ」「ㅌ」「ㅍ」「ㅊ」

があります。

激音の詳しい発音の仕方などは、

こちらの記事にまとめているので

是非、参考にしてください(*^^*)

【韓国語の激音・濃音・平音】発音の違いを解説!表で比較して覚えよう!

そして、激音化とは

「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」の発音が激音「ㅋ」「ㅌ」「ㅍ」「ㅊ」に変化すること
を言います。
 

激音に変化するルールは2つあります(^^)/

激音化のルール

詳しい説明を始める前に

どのようなルールがあるのか結論だけ先に

お伝えします。

1.パッチム「ㅎ」の次が「ㄱ」「ㄷ」「ㅈ」で始まると激音の「ㅋ」「ㅌ」「ㅊ」に変化する。

「ㅎ」+「ㄱ」「ㄷ」「ㅈ」 =「ㅋ」「ㅌ」「ㅊ」

2.パッチム「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」の次が「ㅎ」で始まると激音の「ㅋ」「ㅌ」「ㅍ」に変化する。

「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」+「ㅎ」 =「ㅋ」「ㅌ」「ㅍ」

言葉の説明だけだと覚えられなそう・・・(>_<)

次は、具体的な単語で見ていきましょう!

ルールその1の例(ㅎ+ㄱ・ㄷ・ㅈ)

1.パッチム「ㅎ」の次が「ㄱ」「ㄷ」「ㅈ」で始まると激音の「ㅋ」「ㅌ」「ㅊ」に変化する。

例「좋다(意味:いい)」→「조타(発音:チョッタ)」

音声→「좋다」

「ㅎ」の次に「ㄷ」が来ているので「」(激音)に変化します。

その他にも

「좋고(意味:良くて)」→「조코(発音:チョッコ)」

音声→「좋고」

ルールその2の例(ㄱ・ㄷ・ㅂ+ㅎ)

2.パッチム「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」の次が「ㅎ」で始まると激音の「ㅋ」「ㅌ」「ㅍ」に変化する。

例「축하(意味:お祝い)」→「추카(発音:チュカ)」

音声→「축하」

「ㄱ」の次に「ㅎ」で始まる文字が来ているので「」(激音)に変化します

その他にも

「못해요(意味:できません)」→「몯해요(※「ㅅ」は「ㄷ」)」→「모태요(発音:モッテヨ)」

音声→「못해요」

※パッチム「ㄷ・ㅌ・ㅅ・ㅆ・ㅈ・ㅊ・ㅎ」は、

全て「ㄷ」と発音するので激音化します!(^^)!

覚え方のコツ

覚え方は人それぞれ自分に合った方法でいいのですが

参考までに

私が覚えやすかったイメージをお伝えしておきます(^^)/

「ㅎ」がなくなり、「ㄱㄷㅂㅈ」が激音化するというよりも

「ㅎ」と「ㄱㄷㅂㅈ」が合体して「ㅋㅌㅍㅊ」に変化するイメージ

「ㅎ」が無くなったというよりも

一緒になったと考えたほうが覚えやすかったです(*^^*)

まとめ

今回は激音化についてお話ししましたが

ルールが2つなので

他の発音変化よりは少し覚えやすかったのではないしょうか(≧▽≦)

「ㅎ」と「ㄱㄷㅂㅈ」が

隣同士にあったら要注意ですね!!

ご紹介した単語を参考に、

激音化の練習をしてみてください。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる