韓国語の発音変化「連音化」!例外の「ㅎ」も解説!具体例と音声で確認しよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、韓国語の連音化についてお話ししていきます。

韓国語には、様々な「発音変化」があります。

その中でも今回お話しする「連音化」は

よく登場する発音変化で、基礎になります。

こんな方に読んでほしい!

・連音化って何かわからない。

・具体的にどういうことなのか知りたい!

・発音を聞きたい

・連音化には、例外があるの??

具体例を使いながら説明していくので、

初心者の方もこの記事で連音化について勉強してみてください!!

音声付きでお話ししています(*^^*)

連音化を理解する上では、「パッチム」がとても重要になってきます。

パッチムについて知りたい方は
こちらの記事をご覧ください!

韓国語のパッチムとは?発音と種類を一覧表で解説!発音の違いを比較しよう!

目次

連音化とは??

連音化とは、どいったものか

具体例を交えながら説明していきます(*^^*)

最初に「連音化とは何か」

簡単に言うと、

「前の音と次の音がつながること」

具体的に言うと、

パッチムの次に「ㅇ」で始まる文字が続くと

パッチムが次の文字の母音にくっついて発音されること。

言葉だと分かりずらいので、具体例を見ていきましょう!!

連音化の例

例えば

한국어(意味:韓国語)→한구거(発音:ハングゴ)

音声→「한국어」

「한국어」の

「국」はパッチムで終わっていて次の文字が「ㅇ」で始まっています

このような場合、「국」の

パッチム「ㄱ」を「어」の「ㅇ」にくっつけて

発音が「한구거(ハングゴ)」となります。

他にも、

있어요(意味:あります)→이써요(発音:イッソヨ)

音声→「있어요」

パッチム「ㅆ」の次が「어」(「ㅇ」で始まる文字)なので

パッチム「ㅆ」「어」「ㅇ」にくっつけて

「이써요(イッソヨ)」という発音になります。

2文字のパッチムの場合

「앉아요(座ります)」の「앉」のように

パッチムが2つある場合の連音化は、

左側の子音をパッチムで読み、右側の子音だけ次の文字の母音にくっついて発音する。

こちらも、具体例を見ていきましょう!!

2文字パッチムの連音化の例

具体的にどういうことかというと...

앉아요(意味:座ります)→안자요(発音:アンジャヨ)

音声→「앉아요」

このように、2つあるパッチムのうち

左側の子音「ㄴ」は、パッチムとして読み

右側の子音「ㅈ」は、次の文字の「아」の「ㅇ」にくっつきます

そして、発音は「안자요」となります。

連音化の例外

例外は2つ!!

基本的には、先ほどまで勉強したように連音化すると覚えて

OKですが、

2つだけ例外があることを頭に入れておきましょう!(^^)!

それは、

1.パッチムの「ㅇ」は連音化しない

2.パッチムの「ㅎ」は脱落する

ひとつずつ詳しく解説していきます(*^^*)

「ㅇ」の例外

パッチムが「ㅇ」の場合、連音化しません。

例えば

생일(意味:誕生日)→생일(発音:センイル)

音声→「생일」

생일は、

パッチムの次の文字が「ㅇ」で始まっていますが、

パッチムが「ㅇ」のため連音化しません

「ㅎ」の例外

パッチムが「ㅎ」の場合、脱落します。

「脱落」=発音しない

です。

例えば

좋아요(意味:いいです)→조아요(発音:チョアヨ)

音声→「좋아요」

좋아요は、

パッチムの次の文字が「ㅇ」で始まっていますが、

パッチムが「」のため発音しません

」がなくなちゃいます(^^)

次の文字が「ㅇ」で始まっていても、

パッチムが「ㅇ」・「ㅎ」のときは、連音化を気にしないで読む

と考えると覚えやすいです(*^^*)

まとめ

今回は、連音化とその例外についてお話してきました。

パッチムの次が「」で始まっていたら、

「連音化だ!!」

そして、例外に当てはまっていたら

「あ、気にしなくてもOKだ!!」

と、思い出してください。

連音化を何度も気にすることで、

いつの間にか自然とくっつけて読めるようになりますよっ(*^^*)

読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる