韓国語の発音変化「流音化」!これだけ覚えればOK!よく使う単語で練習しましょう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では韓国語の発音変化

「流音化」についてお話しします。

こんな方に読んでほしい!!

・流音化って何??

・発音が変化する具体的な単語が知りたい!

韓国語の発音変化は

沢山あって覚えるのが大変ですよね。

でも安心してください!!

「流音化」はルールが1つで

関わってくる文字も「ㄴ」「ㄹ」の2文字!!

他の変化よりも覚えやすいと思います(*^^*)

また、

実際に発音が変化する単語で

ルールを覚えるのがおすすめなので

単語も紹介していきます(^^)/

目次

流音化とは??

1.パッチム「ㄴ」の次に「ㄹ」で始まる文字が続くと「ㄴ」の発音が「ㄹ」に変化する。

もう1つはその逆で

2.パッチム「ㄹ」の次に「ㄴ」で始まる文字が続くと「ㄴ」の発音が「ㄹ」に変化する。

「ㄴ」+「ㄹ」(「ㄹ」+「ㄴ」)

=「ㄹ」+「ㄹ」

どちらのルールも変化した後の発音は

「ㄹ」+「ㄹ」

同じですね!(^^)!

次は流音化する具体的な単語を見ていきましょう!!

流音化する単語(「ㄴ」+「ㄹ」)

例「연락(意味:連絡)」→「열락(発音:ヨルラク)」

「연락(意味:連絡)」は、

パッチム「ㄴ」の次の文字が「ㄹ」で始まっているので

「ㄴ」→「ㄹ」となり、

発音は「열락(発音:ヨルラク)」になります。

流音化する単語(「ㄹ」+「ㄴ」)

例「설날(意味:お正月)」→「설랄(発音:ソルラル)」

「설날(意味:お正月)」は、

パッチム「ㄹ」の次の文字が「ㄴ」で始まっているので

「ㄴ」の発音が「ㄹ」となり、

「설랄(発音:ソルラル)」になります。

これを覚えればOK!!

韓国語の発音変化は

沢山あって大変ですが

流音化のルール

「ㄴ」と「ㄹ」が隣同士にあったら要注意!!

「ㄴ」が「ㄹ」になる!

ということさえ覚えておけば

発音変化できると思います(*^^*)

読んでいただきありがとうございました!(^^)!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる