韓国語の「こそあど(指示代名詞)」一覧表と例文を使って一緒に覚えよう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

韓国語の「こそあど」についてまとめました!!

この記事では

「この」「その」「あの」「どの」

などの

物事を指し示す単語

についてお話ししています(^^)/

物やことを指すとき、

人を指すときに使える単語を

一覧表にしていますので

ぜひ最後まで読んでみてください(*^^*)

目次

こそあど言葉の一覧表

このそのあのどの
基本チョ어느オヌ
物・ことこれそれあれどれ
(+것)이것イゴッ그것クゴッ저것チョゴッ어느 것オヌ  ゴッ
この人その人あの人どの人
(+사람) 이 사람イ サラㇺ그 사람ク サラㇺ저 사람チョ サラㇺ어느 사람オヌ サラㇺ
場所ここそこあそこどこ
(+곳)이곳イゴッ그곳クゴッ저곳チョゴッ 어느 곳オヌ ゴッ
(会話で使われる)여기ヨギ거기コギ저기チョギ어디オディ

次は表の内容を

1つ1つお話ししていきます!

「この・その・あの・どの」

先ほどの表の中でも

「この・その・あの・どの」を表す

이・그・저・어느イ ク チョ オヌ」は

特に重要な単語になります。

表から気づいた方も多いと思いますが

この4つを覚えることができれば

「것」や「사람」、「곳」

を付けるだけで

物や人、場所を指し示すことができます。

まずは「이・그・저・어느」を覚えましょう(*^^*)

「この・その・あの・どの」の例

チェク(意味:本)」

という単語を使って

短い言葉を作ってみましょう!

  • 「この本」→이 책イ チェク
  • 「その本」→그 책ク チェク
  • 「あの本」→저 책チョ チェク
  • 「どの本」→어느 책オヌ チェク

「これ・それ・あれ・どれ」

「これ・それ・あれ・どれ」

という意味の

이것・그것・저것・어느 것イゴッ クゴッ チョゴッ オヌ ゴッは、

物やことを指したいときに使います。

「이・그・저・어느」に

それぞれコッ(意味:もの)」

が付いた形です。

「これ・それ・あれ・どれ」の例

今回も

チェク(意味:本)」

を使って

「○○は本です(か)。」

という短い文章を作ってみましょう!

助詞の「~は」を意味する「ウン」と

助詞の「~が」を意味する「」を使いましょう!

  • 「これは本です。」→이것은イゴスン 책입니다チェギㇺニダ.
  • 「それは本です。」→것은ゴスン 책입니다チェギㇺニダ.
  • 「あれは本です。」→チョ것은ゴスン 책입니다チェギㇺニダ.
  • 「どれが本ですか?」→ 어느オヌ 것이ゴシ 책입니チェギㇺニカ?

「この人・その人・あの人・どの人」

人を指し示したいとき

「この・その・あの・どの」に

それぞれ

사람サラㇺ(意味:人)」

を付けた

이 사람・그 사람・저 사람・어느 사람イ サラㇺ ク サラㇺ チョ サラㇺ オヌ サラㇺ」 

を使います。

「この人・その人・あの人・どの人」の例

今回は

선생님ソンセンニㇺ(意味:先生)」

を使って

「○○が先生です(か)。」

という短い文章を作ってみましょう!

  • 「この人が先生です。」→이 사람이イ サラミ 선생님입니다ソンセンニミㇺニダ.
  • 「その人が先生です。」→ 사람이ク サラミ 선생님입니다ソンセンニミㇺニダ.
  • 「あの人が先生です。」→チョ 사람이サラミ 선생님입니다ソンセンニミㇺニダ.
  • 「どの人が先生ですか?」→어느オヌ 사람이サラミ 선생님입니까ソンセンニミㇺニカ?」

「ここ・そこ・あそこ・どこ」

場所を指し示したいとき

이곳・그곳・저곳・어느 곳イゴッ クゴッ チョゴッ オヌ ゴッ

を使います。

「이・그・저・어느」(この・その・あの・どの)に

それぞれコッ(意味:場所)」

を付けることで

「ここ・そこ・あそこ・どこ」

の意味に変わります(*^^*)

会話の時は

여기・거기・저기・어디ヨギ コギ チョギ オディ

という単語を良く使います。

会話で使われる単語は少し形が違いますが

よく出てくる単語なので

何度も口に出して覚えてみましょう!

ここ・そこ・あそこ・どこ」の例

今回は会話で使われる方の

「여기・거기・저기・어디」

チㇷ゚(意味:家)」

をすべての単語につけて

「家は○○?」

という短い文章を作ってみましょう!

  • 「家はここ?」→ 집은チブン 여기ヨギ
  • 「家はそこ?」→집은チブン 거기コギ
  • 「家はあそこ?」→집은チブン 저기チョギ
  • 「家はどこ?」→집은チブン 어디オディ

まとめ

「이・그・저・어느」+「것(もの)」「사람(人)」「곳(場所)」

「이・그・저・어느」

4つを覚えることが大切です(^^)/

余裕がある方は

場所を指すときに

会話でよく使われる

「여기거기・저기・어디」

も覚えてみてください!

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる