韓国語の助詞「~が:가(カ)이(イ)」はどう使い分けるの?違いは?例を使って解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

韓国語の助詞「~が」についてまとめました!!

この記事では

「○○があります。」

などの表現をするときに使う

「~が」についてお話ししています(^^)/

韓国語の助詞

「~が」には

「~가」と「~이」があるのですが

使い分け方や例文を紹介していきます(*^^*)

目次

韓国語の助詞「~が」

先ほども出てきましたが

韓国語の「~が」は

「~가(発音:カ)」

「~이(発音:イ)」

に2つがあります。

この2つは使い分けが必要なので

次はどのように使い分けるか見ていきましょう(^^)/

「가」と「이」はどうやって使い分けるの?

この2つは、

前の文字にパッチムがあるかないか

使い分けます。

  • 「가」→パッチムがないとき
  • 「이」→パッチムがあるとき

「가」の例

例えば、친구チング(意味:友達)」

「~が」を付ける場合!

친구チング」にはパッチムがないので

「가」を付けて친구가チングガ(意味:友達が)」

になります(^^)/

パッチムがない方は

日本語の意味と発音が同じなので覚えやすいですね(^^)/

「이」の例

例えば、チㇷ゚(意味:家)」

「~が」を付ける場合!

チㇷ゚」にはパッチムがあるので

「이」を付けて집이チビ(意味:家が)」

になります(^^)/

「~が」の例文を紹介!

「가」を使った例文

この授業は教科書が大きいです

 수업은スオブン 교과서キョグァソガ 큽니다クㇺニダ.

「이」を使った例文

病院が遠いです。

병원ピョンウォニ 멉니다モㇺニダ.

まとめ

「~が」を付ける時は

前の文字に

パッチムがあるかないか

注目してみてください(*^^*)

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる