【韓国語初心者向け】否定形の使い方を一覧表でまとめてみました!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

韓国語の否定形についてまとめています!!

この記事を読めば混同してしまいがちな

韓国語の否定形をマスターできるはずです(*^^*)

韓国語を勉強していると

「あれ?この前も否定形出てきたよな?」

「この前、勉強した否定形とは何が違うんだ?」

となることはありませんか?

まだまだ勉強中の私も

何が違うのかしっかり分かってないかも...

と感じたので、今回は

何が違うのか、どう使い分けるのか

見やすい一覧表でまとめてみました

もっと知りたいときのために

詳しく解説した記事も貼っておきますので

この記事を読んで否定形を完璧にしちゃいましょう!!

ぜひ最後まで読んでみてください(^^)/

目次

韓国語否定形の使い分け【一覧表】

品詞意味ハムニダ体へヨ体
名詞~ではありません
(パッチムの区別あり)
「~가 아닙니다カ アニㇺニダ.」
「~
이 아닙니다イ アニㇺニダ.」
「~가 아니에요カ アニエヨ.」
「~
이 아니에요イ アニエヨ.」
動詞・形容詞~しない
(文章・会話の区別あり)
「~지 않습니다チ アンスㇺニダ. 」
アン~」
「~지 않아요チ アナヨ.」
アン~」

韓国語の否定形を一覧表にするとこのようになります(^^)/

否定したい言葉の品詞が何か」でどの表現を使うか考えるのが

一番覚えやすいと思います!

では、品詞ごとにお話ししていきます(*^^*)

韓国語否定形は品詞で使い分ける!

名詞を否定するとき

名詞を否定するときに使う表現は

  • 名詞(パッチムあり)+가 아닙니다.(가 아니에요.)
  • 名詞(パッチムなし)+이 아닙니다.(이 아니에요.)

名詞の否定形で気を付けたいポイントは

「パッチムの区別がある」という点です

もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください!

動詞・形容詞を否定するとき

動詞・形容詞を否定するときは

  • 動詞・形容詞+지 않습니다.(지 않아요.)
  • 안+動詞・形容詞

動詞・形容詞の否定形で気を付けたい点は2つあります

①文でよく使うのは「~지 않습니다.」会話でよく使うのは「안~」で使い分ける

②「名詞+하다」の動詞は「하다」の前に「안」を入れる

例)「공부하다(勉強する)」→「공부コンブ アン 합니다ハㇺニダ.」

こちらに、もっと詳しく内容が載っています!

韓国語否定形の使い分け方

どのような考え方で使い分ければいいのか参考までに

少しお話ししておきます(^^)/

1.品詞が何かを考えよう!

→まずは、名詞を否定にたいのか、動詞・形容詞を否定したいのか考えましょう。

2.名詞ならパッチム、動詞・形容詞なら使う場面に注目しよう!

→名詞は、パッチムがある場合とない場合で1文字だけ変わります。

→動詞・形容詞の場合は、文章か会話なのかで使い分けてみましょう。

このような流れで考えて使い分けることができれば完璧だー!!

次は間違えやすいポイントをお話ししておきます!

韓国語否定形の使い分けで間違えやすいポイント

「~지 않습니다.」「안~」と形の似ている「~지 못하다.」「못~」に要注意

ここまでお話ししてきたように

動詞・形容詞の否定形の

「~지 않습니다.」と「안~」に形が似ていて

「文章と会話で使い分ける」や「名詞+하다の注意点」などの

ルールが同じものに

「~지 못하다.」と「못~」という表現があります。

つい違いが分からなくなってしまいますが、

そもそもの日本語の意味が違うので気を付けましょう

「~지 않습니다.」と「안~」→「~しない(否定)」

「~지 못하다.」と「못~」→「~できない(不可能)」

不可能の表現については

こちらの記事でも詳しく解説しているので

是非チェックしてみてください(*^^*)

まとめ

  • まずは、品詞で使い分ける
  • 次に名詞の場合はパッチムの有り無しで使い分け、動詞・形容詞の場合は場面で使い分ける
  • 「지 않습니다と안」「지 못하다と못」が混同しないように気を付ける

今回の内容で「否定形の違い」を理解していただけたら嬉しいです!

なんとなく覚えるよりも

しっかり理解できた方が忘れにくくなりそうですね(^^)/

読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる